コラム 引越後に出るダンボールの処分方法は?早く捨てるべき理由も紹介
COLUMN

コラム

引越後に出るダンボールの処分方法は?早く捨てるべき理由も紹介

新居に荷物を運んで、荷ほどきが終われば引越しも一段落しますよね。しかし、忘れてはいけないのが、荷物を梱包するために使っていた大量のダンボールの処分。「そのうち片付けよう」と放置していると、後々困ったことになるかもしれません。
今回は、引越しで使ったダンボールの処分方法や、早く捨てるべき理由について紹介します。

引越し後、ダンボールを早めに片づけた方が良い理由とは?

引越しでは、荷物のことだけでなく住所変更などの手続きもあって、なにかと忙しいですよね。慣れない新生活がスタートすると、ダンボールの処分は「今日は疲れたし、また今度やろう」「いつかやろう」と、どんどん先延ばしにしてしまう人も多いのではないでしょうか?
しかし、ダンボールはできるだけ早く片付けるべき理由があるのです。

害虫が住み着く可能性がある

害虫の中でも、ゴキブリはダンボールの隙間や環境などを好みます。特に、スーパーやコンビニなどから貰ってきたダンボールにはタマゴが産み付けられていることもあり、放置していると新居でゴキブリなどの害虫が繁殖してしまう原因になってしまうのです。他にも、ダンボールには紙魚(シミ)など、あまり見たくない虫が発生することも…。
引越し業者などから貰う新品のダンボールであれば、あまり心配する必要はないでしょう。しかし、引越してすぐは大丈夫でも、今後害虫の温床になるかもしれません。「カラーボックスの代わりにしよう」「新品だし、使うかもしれないから取っておこう」という気持ちも分かりますが、害虫発生のリスクを考えるなら早めに処分することをおすすめします。

部屋が狭くなる

ダンボールを放置していると、部屋が狭くなってしまいます。たとえコンパクトにつぶした状態でも、そのまま置いていると生活するスペースが狭くなりますよね。早めにダンボールを処分することで、新居をスッキリした状態で広々と使えるようになりますよ。

何が入っていたのか忘れてしまう

ダンボールに荷物をいれたまま放置しているうちに、中に何が入っていたのかを忘れてしまうことも。「何が入っていたっけ?でも今必要なものはないだろうから、とりあえずそのままにしておこう」と思っていると、ダンボールに入った状態のままタンスの肥やしになってしまう確率が高いです。
日頃から使うものではないとしても、荷物は適切な場所に片づけて、ダンボールは早めに処分しておきたいですね。

引越しに使ったダンボールの処分方法


荷造りをするときに必要なダンボールは、個人差がありますが、およそ1人当たり20箱前後だと言われています。引越し後、大量に出たダンボールはどうやって処分すればいいのでしょうか?

利用した引越し業者に回収してもらう

引越しに使ったダンボールを、回収してくれる引越し業者もあります。引越しに利用した業者がダンボールを引き取るサービスを行っている場合は、お願いしてみるのもいいでしょう。
引越し業者によって無料で回収してもらえたり、最初から回収サービス料が引っ越し代金に含まれていたり、追加で費用が発生することなどがあります。見積の時点で、料金のことだけでなく、何ヵ月以内であれば対応してもらえるのか、何回まで引き取りに来てくれるのか、自分で用意したダンボールは回収してもらえるのかなど、気になることを尋ねておくと安心ですね。

古紙回収業者や不用品回収業者に引き取ってもらう

古紙回収業者や不用品回収業者にダンボールを引き取ってもらう方法もあります。引越し先の地域にリサイクルセンターなどがあれば、持ち込む手間がかかるものの、自分の都合がいいタイミングでダンボールを処分できるでしょう。また、回収業者に依頼をすることで、自宅まで引き取りにきてくれることもあります。
古紙回収業者や不用品回収業者に引き取ってもらう場合は、業者によって無料、有料と費用が変わってきます。また、ダンボールを買い取ったり、トイレットペーパーなどと交換したりしてくれる業者もあるので、近所で探してみるのもいいかもしれませんね。

地域で指定されたゴミの日に出す

住んでいる地域や自治体のルールに従って、ゴミの日に出す方法もあります。自治体によって違いますが、ダンボールは「資源ゴミ」と分類されているところが多いです。指定された日以外に出すことはできませんが、荷ほどきの進み具合に合わせてある程度自分のタイミングで、無料で処分できるところが大きなメリットでしょう。
「紙ヒモで縛って出す」「雨の日は出せない」など、ルールが決まっていることがあるので、住んでいる地域や自治体のルールをしっかり確認してから出すようにしてくださいね。


ダンボールが片付くと、部屋も気持ちもスッキリして「引っ越しが終わった!」と感じるはずですよ。引越しで使ったダンボールはできるだけ早めに処分して、キレイな新居で新生活をスタートさせましょう♪