コラム 内見には何回行けばいいの?行く前に決めておきたいことや平均回数なども紹介
COLUMN

コラム

内見には何回行けばいいの?行く前に決めておきたいことや平均回数なども紹介

インターネットなどで物件の情報収集をしたあと、気になる物件を実際に見に行く「内見」。後悔しない物件選びのためにも、内見はとても大切です。しかし、「何件くらい見るべき?」「他の人はどうやって決めているんだろう…」と不安に思う人も多いのではないでしょうか?
今回は、内見に行く前に決めておきたいポイントや平均回数などについて紹介します。

内見に行く前に決めておきたいことは?

効率よく内見をするためには、事前にいくつか決めておきたいポイントがあります。

予算

いくら素敵な物件でも、毎月支払える範囲内の家賃でなければ内見した意味がありませんよね。内見に行く前に家賃や駐車場代などを含めた予算を決めて、担当者に伝えるようにしましょう。

エリア

自分が住みたいエリアを決めておくのも大切なポイントです。気に入った街に住むことで、生活の満足度がより高くなりますよ。ただし、人気のエリアは家賃が高くなりやすいので、何か所か候補のエリアを決めておくと良いでしょう。

おおよその間取り

「絶対にこの間取り!」と決める必要はありませんが、大体の間取りを決めておくことは重要です。特に、カップルや家族で住む場合は間取りが大切になってくるので、事前にしっかり話し合っておきましょう。

自分の中で譲れない条件

人によって「ここだけは絶対に譲れない!」という条件があります。駅から10分以内、バス・トイレ別、日当たりの良さなど、自分の中で絶対に譲れない条件は何かを明確にしておくと、部屋探しがスムーズになりますよ。

内見には何回行くべき?


新居を決める時の内見には、何回行くべきなのでしょうか?

1日に何件行ける?

内見は1つの物件当たり、およそ30分~1時間くらいかかります。そのため、1日に内見できる物件は3~4件ほどだと思っておきましょう。
調整すれば5~6件回ることも可能ですが、あまり詰め込むと時間をかけて部屋の細部までチェックできず「内見した意味がなかった…」ということになるかもしれません。また、6件目に行く頃には1件目の情報を忘れてしまっていることもあるので、注意してくださいね。

同じ物件に複数回行くべき?

「この先長く住み続ける予定」「納得して住みたい」という人は、同じ物件に複数回内見に行くと安心できるでしょう。
物件によっては、昼と夜、平日と週末などで雰囲気がガラッと変わる場所もあります。他の人が先に物件を契約してしまう可能性もありますが、その点を理解した上で、納得できるまで内見に行くのも後悔しない家探しに必要なことだと言えます。

何回も内見するときの注意点

内見を複数回するときには、注意しておきたいポイントもあります。

他の人が先に入居してしまう可能性がある

物件は、基本的に申し込みをした順番で入居者が決まります。そのため、何回も内見して悩んでいるうちに、候補に入っていた物件に他の人が入居してしまう可能性があるのです。
じっくり時間をかけて内見するのも良いですが、人気物件や繁忙期にはすぐに入居者が決まってしまうかもしれないので、注意しましょう。

なかなか決められなくなってくる

いろんな物件を内見しているうちに、目移りしてなかなか決められなくなってしまうことも。「あの物件もよかったけど、この物件もいいな…」と悩んで、決められずに物件探しが長引いてしまうかもしれないので、気になる物件を何件か回ったあとは決断力も必要になります。

内見の平均回数は何回?

「他の人たちは、何件くらいの物件を見学しているんだろう?」と思っている人も多いでしょう。ここでは、新居を探している人達が内見をした平均回数を紹介します。

不動産屋への訪問は、平均1.6店舗

引越しをするときに訪れる不動産屋の件数は、平均1.6店舗という調査結果があります。「1店舗」という回答が最も多く、次に「2店舗」、「3店舗」、「0店舗」という順番になっています。「0店舗」と回答しているのは、学生や子育てで忙しいファミリー世代で多くなっていますよ。

物件の内見回数は、平均3.1件

物件の内見をする回数は、平均3.1件という結果でした。回答が多い順番に「3件」、「2件」、「1件」となり、3件以下と回答している人がおよそ6割を占めています。
また、10人に1人は「0件」と、内見をせずに新居を決めているようです。内見をしないで決めるのは、特に学生に多く見られます。
不動産からは「個人差はあるものの、5~10件程度案内することが多い」「一番多いのは2~3件」など、いろんな声が聞こえてきました。
「何回も内見をお願いすると、迷惑では?」と心配になる人もいるかもしれません。しかし、ほとんどの不動産屋さんは「お客様の希望に合わせて、最善のご提案をさせて頂く」と思って対応してくれます。平均回数などは気にし過ぎないように、自分が納得できるまで内見をすることをおすすめします。


時間的な余裕や部屋探しの基準などには個人差があるので、内見は「何回したから大丈夫」というものではありません。内見に行く前に、希望する条件などを明確にしておくことで、自分に合った新居を見つけることができるでしょう。