コラム 引越しにまつわる縁起担ぎとは?地域ごとに伝わる風習も紹介
COLUMN

コラム

引越しにまつわる縁起担ぎとは?地域ごとに伝わる風習も紹介

「大切な試験や試合の前にはカツ丼を食べる」「お守りを持ち歩く」など、縁起担ぎをする人は多いもの。引越しにまつわるゲン担ぎもいくつかあるので、これから引越しを控えている人は新居で取り入れてみてはいかがでしょうか?
この記事では、引越しに良いとされている縁起物やゲン担ぎ、また地域独自に伝わる風習などについて紹介します。

引越しに良い縁起物

日本には、古くから引越しに良いとされてきた縁起物があります。ここでは、特にポピュラーだとされる縁起物を紹介します。

ほうき

ほうきは引越しにおいて、「邪気を払い、福をかき集める」として縁起物だとされています。室内の掃除には掃除機を使う人がほとんどだと思いますが、ほうきは玄関などを掃除するときにあると便利なので、用意しておくといいでしょう。

釜(炊飯器)

昔は、新居に釜を運ぶことで「食べ物に困らないように」という縁起担ぎをしていました。現代では、炊飯器を釜の代わりに運ぶことがゲン担ぎになっています。
また、釜を運び出した日が引越し日と考えられてきたので、引越し作業をする日の暦が良くなかったとしても、釜(炊飯器)を吉日に運び込めば良いとされています。

おもと

おもとは漢字で「万年青」と書く観葉植物です。おもとの常緑の葉は日当たりに左右されない丈夫さを持つことから、健康でいるためのゲン担ぎとして新居に飾られています。赤い実をつけたおもとは、子孫繁栄を意味するとも言われていますよ。引越し祝いのプレゼントとして贈るのもおすすめです。
徳川家康は、江戸城に入城するときにおもとを床の間に飾ったそう。家康が長生きし、江戸の時代が長く続いたのは、縁起担ぎのおもとのおかげだったのかもしれませんね。

食べ物にまつわる引越しの縁起担ぎ


次に、食べ物にまつわる引越しの縁起担ぎを紹介します。

新品の調味料や米

新居に新品の味噌、醤油、塩などの調味料やお米を運び込むのは、「食べ物に困らないように」という縁起担ぎとして知られています。使いかけのものではなく、新品のものを運び込むようにしましょう。
他にも、新品の食器などをゲン担ぎとして持っていくこともあるようです。

引越し蕎麦

引越し蕎麦は、引越しにまつわる縁起担ぎの中でも特に有名ですよね。江戸時代から日本人に親しまれてきたもので、近所の人に蕎麦を配って「側(そば)に越してきて、これから長くお世話になります」という意味が込められています。

盛り塩

食べ物とは少し違いますが、玄関や部屋の四隅などに盛り塩をすることで、新居をお清めできると言われています。厄を払い、商売繁盛や良縁などの幸運を運び込むと言われているので、ぜひ試してみたい縁起担ぎですね。他にも洗面所やキッチンなどにも盛り塩を置いたり、お風呂に塩をまいたりするのも良いとされていますよ。

地域に伝わる縁起担ぎ

日本では全国的に知られて行われているものだけでなく、地域独自に伝わる縁起担ぎもあります。ここでは、各地域でどんな縁起担ぎがあるのか、いくつか特徴的なものをピックアップして紹介します。

愛知の引越しでバックはNG

愛知では結婚したときの引っ越しで、嫁入り道具を積んだトラックがバック(後退)をするのはNGだとされています。後ろに戻るバックは「出戻り」を連想させてるので、良くないと考えられているそうです。
ちなみに、愛知の嫁入りがとても豪華であるというのは有名な話ですよね。今はほとんど見かけられないそうですが、嫁入りの時の引っ越しトラックは紅白幕を掲げたり、縁起が良い水引の飾りが施されていたりと、とにかく派手で存在感があったそうですよ。

関西地方では鏡を最初に運ぶ

関西では、新居には鏡を最初に運ぶという縁起担ぎがあります。これには、家に住む女性の美しさを保ち、夫婦円満な家庭を築けるようにという意味があるそうですよ。
「鏡は割れやすいので最初に運び込んでいた」という説もあります。デリケートな鏡を傷つけないように搬入する、理にかなったゲン担ぎですね。

沖縄では神様に拝む

沖縄では引越しの際に、「家ヌ主(ヤァヌヌシ)」「火の神様(ヒヌカン)」などの神様に拝む風習があります。
「味噌と塩は家ヌ主」と言われていて、沖縄では味噌と塩がとても大切にされています。引っ越しにおいても、何よりも先に味噌と塩を運び込むそうですよ。
ヒヌカンは家の火を司る神様で、家庭の守護神として信仰されてきました。引越しをはじめ、結婚、入学、家族の誕生などの大切なことはすべてヒヌカンに報告し、大切に祀られてきたそうです。


日本では昔から新生活を始めるにあたり、さまざまな縁起担ぎが行われてきました。引越しは人生の転機になるとも言える、大きなイベント。「普段は縁起担ぎをすることがない」という人も、ぜひ古くからの習慣を取り入れて新居に運気を呼び込みましょう♪