コラム 雨が降っても引越しできる?注意点や自分でできる雨対策は?
COLUMN

コラム

雨が降っても引越しできる?注意点や自分でできる雨対策は?

引越し当日に雨が降ってしまうと「今日の引越し、大丈夫かな?」「荷物が水に濡れたら困る…」と心配になってしまいますよね。引越し業者に依頼している場合、荷物の搬入・搬出は作業員にお願いすることになりますが、自分でもできる雨対策は知っておきたいところ。
今回は、引越し当日に雨が降ったときに気を付けたいことや、自分でできる雨対策について紹介します。

引越し当日が雨でもキャンセルはできない

基本的に、雨が降ったとしても引越し当日にキャンセルや延期はできません。
国土交通省が定めた「標準引越運送約款」では、「地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れ、その他の天災に限り、業者からのキャンセルが可能」とされています。作業ができないほどの暴風雨の場合はキャンセル料が発生しないこともありますが、天災や風水害ではない限り基本的に予定通り作業されると思っておきましょう。見積のときなどに、どれくらいの天災で業者からのキャンセルになるのか確認しておくと安心ですね。

「どうしても雨の日に引越ししたくない!」というときは、キャンセル料を支払えば前日・当日にキャンセルすることも可能です。また、キャンセル料がかからない期日までに日程変更をするという方法もあります。キャンセル料がかからない期日や規定は業者によって違うので、契約している引越し業者に確認しておきましょう。
ただし、引越し日程を変更すると時期や業者の都合によっては、すぐに次の予約が取れない可能性もあるので注意してくださいね。

「雨の日の対策」を引越し業者に聞いておくと安心

引越しの予定はおおよそ1ヵ月前、遅くても2週間前には決めておくことが多いので、引越し当日の天気を予想することは難しいですよね。
当日雨になって困らないように、引越し業者に「雨の日にはどんな対策をしてもらえるのか」を事前に確認しておくと安心です。濡れないように梱包してもらえるのか、そのとき別料金が発生するのかなど、不安なことは全て聞いておくとトラブルを避けることができるでしょう。

自分でできる!引越しでの雨対策は?

引越し当日に雨が降ったら、自分でもできる限りの対策をしておきたいですよね。ここでは、自分でできる雨対策を紹介します。

電化製品や家具をビニールなどで覆う

引越し業者に荷物の梱包をお願いしている場合は、カバーなどで家具や電化製品を水濡れから守る対策をしてくれる業者もあります。そのようなサービスがない、または自分で荷物を梱包する場合は、自分たちでビニールなどを使って家具・家電などが濡れないように対策しておきましょう。

ダンボールを補強し、荷物は詰めすぎない

ダンボールは湿気に弱く、水に濡れるとブヨブヨになって強度が低くなってしまいます。濡れた状態のままトラックで長時間運ばれると、搬入作業のときにダンボールが破けて荷物が落ちてしまうことも。荷物が重くなると、そのリスクがより高くなってしまいます。
雨の場合は、ダンボールの底をガムテープで補強して、しっかり梱包しておきましょう。また、重いものを同じダンボールに詰めすぎないように、小分けして軽くしておくことも大切です。

濡れて困るものはビニール袋に入れてダンボールへ

ヘアドライヤーやアイロンなどの小さい電化製品や衣類など、濡れたら困るものはビニール袋に入れてからダンボールに梱包すると雨の日も安心です。
ダンボールの上からビニール袋で雨対策をする方法もありますが、持ったときに滑りやすくなってしまいます。搬入・搬出時のアクシデントを避けるためにも、時間に余裕があればビニール袋に入れたものをダンボールで梱包するという方法がおすすめです。

布団は圧縮袋に入れる

大きくてかさばる布団は、掃除機で空気を抜いて圧縮する、圧縮袋を活用するのがおすすめです。圧縮袋に入れるとコンパクトで運び出しやすく、雨対策にもなりますよ。ただし、羽毛布団を圧縮袋に入れてしまうと、ふんわりとした風合いを失ってしまう可能性があるので使用を控えましょう。

ダンボールが濡れたらすぐに荷解きする

引越しでダンボールが濡れてしまったら、すぐに中の荷物を出すようにしてください。たとえ濡れていなかったとしても、雨で湿気を含んだダンボールに荷物を入れっぱなしにしていると、カビや傷みのもとになってしまいます。また、ダンボールの中に入っていたものが湿っている場合は、乾かしてから片付けるようにしてくださいね。雨の日に引越し作業をした場合は、できるだけ早く荷解きすることが大切ですよ。

引越し当日に雨が降っても、基本的にキャンセルできません。引越し日が近づいてきたら天気予報をチェックして、雨が降りそうなときは自分でも雨対策をしておきましょう。
雨の日の引越しは、「神様が祝福してくれている」「幸運が運び込まれる」として縁起が良いとも言われています。「逆に雨が降ってラッキー!」と考えるようにすると、憂鬱な気分が少し晴れるかもしれませんよ。