コラム 引越し祝いをもらったら?基本マナーや相場、人気のお礼ギフトも
COLUMN

コラム

引越し祝いをもらったら?基本マナーや相場、人気のお礼ギフトも

引越しをすると、親族や友人などから引越し祝いをもらう機会があります。引越し祝いを頂いて、「お返しは必要なの?」「いつまでにお礼を伝えるのがマナー?」と悩む人もいるのではないでしょうか?
今回は引越し祝いをもらったときの基本マナーや、お礼の気持ちとして人気のギフトなどを紹介します。

引越し祝いにお返しは必要?基本マナーは?

引越し祝いを頂いたら、新しい家にお招きして「お披露目会」をするのがマナーだと言われています。しかし、遠くに住んでいる人やご年配の人からお祝いをもらった場合は、お披露目会に招待することが相手にとって負担になってしまうことも。そのような場合は、内祝いとして品物でお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。

お披露目会をする場合は?

お披露目会をする場合は、披露宴やレセプションパーティーとは違うので、一度に親戚も友人も呼ぶのではなくまずは親戚だけ、友人だけなど新居が手狭に感じられないくらいにゲストを招くといいでしょう。基本的に親しい人がゲストなので、かしこまったパーティーではなく、カジュアルなスタイルで軽い食事やお菓子、ドリンクなどを用意しておけばOK。
お披露目会をする時期は、新居の片付けが一段落した引越し後1~2ヵ月くらいがいいでしょう。新居の様子が分かるように、日中の明るい時間帯の開催がおすすめです。
しっかりお礼の気持ちを伝えたい場合は、お披露目会のときに内祝いを渡すのもいいですね。親しい間柄であれば、のしなどをかけずに渡しても大丈夫ですよ。

品物でお礼の気持ちを伝える場合は?

品物でお礼の気持ちを伝える場合は、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

「お返し」ではなく「お礼」として感謝を伝える

引越しの内祝いは相手への「お返し」ではなく、「お礼」として感謝の気持ちを伝えます。もともと内祝いは、引越しや出産などおめでたいことが起こった家で、近所に住んでいる人や親戚などを招待しておもてなしするという習慣がルーツになっています。そのため、現在でも内祝いで「お返し」という言葉は不適切だとされているのです。
また「お返し」だと、「お祝いをもらったので、こちらもお返しします」という意味に捉えられてしまうことも。お祝いを頂いたら、その気持ちに対する「お礼」として品物を贈りましょう。

お礼の品物はいつまでに贈る?

お礼の品物を送るのは、引っ越ししてから1~2カ月後が一般的。新居での生活が落ち着いてからで大丈夫ですが、お祝いを頂いたらすぐにお礼の電話やメールなどで連絡するようにしましょう。
また、誰にお祝いをもらったのか忘れないように、名前、住所、何を頂いたのかなどを記録しておくと、お礼を贈るときに役立ちますよ。

お礼の品物の相場は?

内祝いを贈るときは、お祝いで頂いたものの3分の1~半額くらいの品物が相場だと言われています。ただし、身内などから高額なものを貰った場合などは、無理に半返しにこだわらなくてもいいでしょう。また、現金や商品券など金額がはっきり分かるものを贈るのはNGなので注意してくださいね。

お礼の品物を贈る場合の「のし」は?

お礼の品物を贈る場合、水引が紅白の蝶結びになっているのしを使いましょう。
のし上の表書きには「新築内祝い」や「内祝」、のし下には贈り主の苗字を書きます。苗字は連名になっても大丈夫ですよ。

引越し祝いのお礼に喜ばれるものは?


最後に、引越し祝いのお礼に喜ばれるギフトを紹介します。

カタログギフト

カタログギフトは、相手の趣味が分からなくても贈りやすいので人気があります。自分が欲しい物を選んでもらえるので、贈った人にもきっと喜んでもらえるギフトですよ。モノではなく、思い出に残る体験ギフトなどもおすすめです。

スイーツやグルメ

ちょっと珍しいスイーツやご当地の人気グルメなども、引越し祝いのお礼に喜ばれるでしょう。コーヒーや紅茶、調味料なども人気です。日持ちするもの、家族みんなで食べられるもの、小分けになっているものなど、相手が喜ぶ顔を想像しながら選んでみてくださいね。

ソープや入浴剤

体にやさしいオーガニック素材でできたソープや、香りに癒される入浴剤などもおすすめ。消え物は貰っても困らないので、ギフトにぴったりです。インテリアのように華やかなものや洗練されたものを選べば、喜んでもらえること間違いなしですよ。

引越し祝いをもらったら、新生活が落ち着いてきたタイミングできちんとお礼をするようにしましょう。
しかし、引越し後は荷解きや住所変更の手続きなど、やることがたくさんでバタバタしてしまいますよね。そんなときには、アップデートミーの住所変更代行・代理サービスの利用がおすすめ。転入届・転出届、転居届だけでなく、自動車の住所変更やインターネット回線、電気・ガス料金の見直しなども承っています。費用が実質プラスになることもあるので、ぜひ一度お気軽にご相談ください!