コラム 引越しで靴を梱包する前にやっておきたいことは?梱包方法も紹介!
COLUMN

コラム

引越しで靴を梱包する前にやっておきたいことは?梱包方法も紹介!

靴を荷造りしていると、意外とかさばってダンボールが増えてしまうことも。しかし、無理矢理詰めてしまうと汚れや色移り、型崩れの原因になってしまうので注意が必要です。
今回は、引越しで靴を荷造りする前に準備しておきたいことや、梱包方法について紹介します!

引越しで靴を梱包する前にやっておきたいこと

まずは引越しで、靴を梱包する前にやっておきたいことをチェックしてみましょう。

靴の汚れを落としておく

荷造りする前に、靴の汚れはしっかり落としておきましょう。汚れたまま梱包してしまうと、他の靴まで汚してしまう可能性があります。靴底も汚れていないか、しっかり確認してくださいね。
スニーカーなどは水につけてブラシで洗う、革靴やパンプスなどは乾いた布と専用のクリームなどでケアするなど、素材に合ったお手入れ方法で汚れを落としておきましょう。

靴の仕分けをしておく

「スニーカーなどの丈夫な靴」「デリケートな素材の靴」「型崩れが心配な靴」など、靴を仕分けしておくことで梱包作業がしやすくなります。
また、仕事に履いていく靴や、引越し当日に履く予定のスニーカーなどを梱包しないように注意してくださいね。

靴の色移り予防をしておく

靴の色移りが心配な靴、デリケートな素材の靴などは、新聞紙や緩衝材などで1足ずつ包んでおきましょう。他の靴とこすれないように包んでおくことで、色移りやキズなどを予防できますよ。

靴の型崩れ予防をしておく

荷造りをする前に、靴の中に丸めた新聞紙などを詰めるようにすると、型崩れを予防できます。ただし、型崩れを防ぐには靴同士を重ねて梱包しないことがとても大切なので、実際に荷造りをする時は靴の入れ方にも十分注意してくださいね。

不要な靴は処分しておく

「もう何年も履いてないな」「持って行っても履かないかも」という靴は、思い切って処分してしまいましょう。靴は荷造りをする時に、意外とかさばりやすいもの。梱包する靴が減ると、ダンボールの量も減らせるかもしれませんよ。

引越しの時に靴を梱包する方法は?


靴を梱包する準備ができたら、荷造りをスタートしましょう。梱包する方法はいくつかあるので、靴の種類や自分の都合に合った方法を選んでみてくださいね。

ダンボールで梱包する

ダンボールを使うと、たくさんの靴をまとめて入れることができます。たとえ靴の量が多くても、ダンボール自体が軽いので荷物はそこまで重くなりません。
また、引越し業者から受け取ったダンボールを使えば、コストをおさえることもできますよ。

ダンボールで梱包するときのポイント

ダンボールで梱包する時に靴をたくさん詰めてしまうと、特に底に近い場所に入っている靴が重さでつぶれてしまい、型崩れを起こしてしまうことも。底の方には普段使いのスニーカーなど入れる、緩衝材を挟みながらつま先とかかとの部分が互い違いになるように積み重ねる、すき間ができないように新聞紙などを靴の間に丸めて詰めるなど、梱包の仕方を工夫してみましょう。

購入時の靴箱で梱包する

購入した時の靴箱を使うと、その靴にぴったりなサイズの箱に入れて運ぶことができます。他の靴とこすれて汚れる心配がなく、箱が汚れてしまった場合は引越し後に処分すればOKなので、新居での荷物も増えません。

購入時の靴箱で梱包するときのポイント

靴箱を使う場合は、運ぶ時にフタが開かないようにテープやヒモなどで固定しておきましょう。
型崩れや汚れの心配がありませんが、1足ずつ梱包することになるので、あまりに量が多いと運搬や荷造り、荷解きの作業が大変になってしまいます。大切な靴やデリケートな素材の靴だけなど、限定してやってみると良いかもしれませんね。

購入したシューズケースで梱包する

100円ショップや家具販売店などで、シューズケースを購入するという方法もあります。汚れや色が移る心配もなく、ただ靴を入れるだけなので梱包の手間がほとんどかかりません。

シューズケースで梱包するときのポイント

シューズケースがあると荷造りが楽になりますが、購入する時にお金がかかってしまいます。また、引越し後に不要になったシューズケースが残ってしまうので、他の使い道を考えたり、処分したりしなければいけません。こちらも、型崩れしたくない靴などに、限定的に使うようにすると良いかもしれません。

引越し業者のシューズケースで梱包する

引越し業者からシューズケースを利用すると、自分で購入する必要もなく、汚れや色移りなどを気にせず楽に靴を運ぶことができますよ。

引越し業者のシューズケースに梱包するときのポイント

引越し業者のシューズケースを利用する場合は、追加料金がかかる可能性もあるので事前に確認しておくと安心です。シューズケースは何個利用できるのか、何足収納できるのかなども尋ねておくと、搬入直前になって「靴が全部入らない!」といったトラブルも避けることができるでしょう。


梱包する前に靴についた汚れをしっかり落としたり、大切な靴はシューズケースに入れて運んだりすることで、汚れや色移り、型崩れなどから靴を守ることができますよ。荷造り前に準備をすませて、スムーズに靴の梱包をすすめましょう♪